トップ / 生命活動に欠かせない酵素

酵素でダイエット

生命活動に欠かせない酵素

酵素とは一体何なのか

酵素は体内の化学反応に対して触媒として機能するたんぱく質であり、呼吸や脈拍、筋肉を動かすような体内の全ての生命活動に関わっている重要な成分です。食べ物やサプリメントでいくら身体に必要な栄養素を摂取したところで、酵素がなくてはその栄養素をエネルギーに変えることができません。つまり、酵素が不足するということは、いくら栄養を摂ったところで身体にうまく作用させることが出来ないので消化不良や体調不良、肌の不調などの影響が現れてしまうと言えます。

<酵素の役割分担>
先に述べたとおり、体内酵素は働きの違いにより2種類に分けられます。食べ物を分解する役割の消化酵素と、栄養素を使って体を修復、再生する代謝酵素です。体内に存在する酵素の種類は、役割では2つに分けられますが、分類では現在分かっているだけでも約2万種類の酵素が存在しています。
そして体内で作ることのできない、3つ目の酵素、食物酵素も存在します。これは体内にはない酵素で、生の食べ物や発酵食品から摂取することができます。体外から取り入れることで、体内の食物の消化を助ける働きがあります。酵素は種類によって大きさが異なりますが、約5から20ナノメートルという顕微鏡ですら見えないサイズです。本来は球状ですが、頻繁に形を変えながら動き回っています。1分間に4億回も化学反応を行う酵素も存在するほど反応速度も速い働き者の成分なのです。

<消化酵素、代謝酵素の役割>
食べたものは胃で消化されて、腸で栄養が吸収されます。この食べたものを分解して消化させるのが消化酵素です。代表的なものは唾液に含まれるアミラーゼで、でんぷんをブドウ糖に分解します。他にも、胃液に含まれるプロテアーゼは、たんぱく質をアミノ酸に分解し、膵液に含まれるリパーゼは、脂肪を脂肪酸に分解します。つまり、消化酵素が不足すると消化不良の原因となり、便秘や下痢が起きてしまいます。それだけではなく痩せにくい体質になったり、糖尿病や生活習慣病の原因にもなりかねません。

消化酵素が消化分解し吸収した栄養は、代謝酵素が細胞に届けます。この栄養が身体を動かすエネルギーとなり、身体を作り毒素を排出します。血液を作る、心臓を動かす、細胞を再生するといった生命活動にも関わっています。体内環境を整えて、免疫力を高めてくれるのも代謝酵素の役割なのです。